情報セキュリティ基本方針


LINE Xenesis株式会社(以下、当社)は、暗号資産に関する事業を行う者の責務として情報保護を経営の最重要課題の一つとして捉えております。当社は、下記の事項を厳守し適切に情報を保護していく事に努めてまいります。

 

(1)情報セキュリティの目標

当社は、お客様および当社の情報資産の保護のため、サイバーセキュリティ事案の未然防止および発生時の迅速な復旧対応に努めます。

 

(2)目標達成のためにとるべき行動

当社は、お客様の情報資産および当社の情報資産の保護のため、ひとりひとりの従業員が情報資産を保護することの重要性を十分認識するために、定期的に情報セキュリティに関する教育を実施します。

また、情報セキュリティに関する法令・諸規則・各種ガイドラインなどを遵守し、常に最新の情報を入手することにより企業の社会的責任を果たします。

 

(3)情報セキュリティが必要な理由

当社は、お客様の重要な情報資産をお預かりしております。
その資産の機密性・完全性・可用性が失われると、お客様への損害にも繋がります。

 

(4)対象範囲とセキュリティの程度

当社は、情報資産がその目的に沿って適切に使用されるよう、正当な必要性に基づくアクセスのみを許可し、適宜アクセスを管理・監視いたします。
また当社は、最新のセキュリティの動向をモニタリングし様々な脅威による被害を最小限にする対策をおこなうことに努めます。

 

(5)外部委託先における情報資産の安全管理に関する方針

外部委託先に対しても、同様の本方針を適応することとします。
また当社は、委託先への監督をすることに努めます。

 

(6)情報セキュリティの責任者

当社は以下の通り情報セキュリティ責任者を設置しております。

情報セキュリティの責任者 林 萬基

 

 

制定:2019年6月3日

改定:2022年4月28日
LINE Xenesis株式会社
代表取締役社長CEO  林 仁奎

LINEグループにて適応される類似の方針がある場合、本方針が優先されます。